コラーゲン鍋を食べるとやっぱり肌の調子が違う

こんばんわ!Rikoです。
昨日は学生時代の友達と久しぶりに「コラーゲン鍋」を食べてきましたぁ(・∀・)

時々コラーゲンなんて口から摂取しても意味が無い。みたいな話を聞くこともあるんですけど、私としては??な感じです。

実際にコラーゲン鍋を食べた翌日は、お肌の調子がやっぱり違うんですから。
ほんと、ハリが戻ったっていうのがピッタリな表現。
プルプル具合がや~っぱり違うんだな、これが。

もちろん、コラーゲンだけ摂っていれば美肌になれる!とまでは行きませんけど、たぶん結構多くの女性はコラーゲンが不足してるんじゃないかと思います。

だって、コラーゲン女子部と名づけた学生時代の友達5人衆は、コラーゲン鍋を食べた翌日は、みんながみんな「化粧ノリが違う」って言いますからね。やっぱり効いてるんでしょう。

ストレスとか睡眠不足でお肌の具合はスグに悪くなりますからね。
それだけ働く女のお肌は厳しい条件にあるってことです。

あとは、ホルモン的なバランスもお肌には影響します。

・・・ほら、よく彼氏とイチャイチャなことをした翌日は、肌がプルプルになるって言いますよね?
実際にその効果を感じている人も多いはず。

これは決して彼の白いコラーゲンを・・・じゃないですね(笑)
脳が幸せを感じて、ホルモンバランスや自律神経に良い影響を与える事で、間接的にお肌にも良い影響を与えるってことです。

結論。

コラーゲンはやっぱり良い。
女性としての喜びを感じれば、肌に良い。
・・・だけど、女性のお肌は色んな要因ですぐに悪いほうへと進むので要注意。

ってことですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ