オーガニック化粧品は人気があってもお肌に良くない?

木の上にある自然化粧品
オーガニック化粧品は人気があります。
なぜかというと、農薬や化学肥料などの化学薬品を使わないで育てた有機栽培の植物を原料にしている化粧品だからです。
天然成分で作られているため、お肌にとっても優しくていいイメージがかなり高いと思います。

でも、天然成分を使っていたら本当にお肌にいいんでしょうか?

実はオーガニック化粧品といっても、原材料に何割かに天然成分を使っているというだけで実際には合成界面活性剤や防腐剤などいろんな成分が混じっている化粧品がほとんどなんです。

オーガニック化粧品が人気なのは、農薬や化学肥料を使っていない天然成分といういいイメージだけでお肌にもいい効果があると思い込んでしまっているんです。
実際には一番お肌に良くないとされている合成界面活性剤が多くのオーガニック化粧品にも使われているとも知らずに・・・。

天然成分だから、人気があるからという理由だけで化粧品を選んでいてもお肌にいいことはありません。
合成界面活性剤を使っていない化粧品を選ぶことがお肌にとっては一番です。
慢性的な肌トラブルに悩まされないためにも、使う化粧品の成分はしっかり調べてから使うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ