月別アーカイブ: 2013年6月

1食ダイエット

1日1食ダイエットは30代のダイエットにお勧め?

若いころはとても代謝がよかったものだと、三十路を迎えてつくづく感じます(笑)

こんなに代謝が悪いものだから、食べれば食べるだけ体のお肉になるのに、
一旦お肉になったものが取れなくなってしまうんですよね・・・

運動をしても汗をかくペースが若いころと違うな~と感じるたびに少し寂しい気持ちになります・・・orz
[br num=”1″]
そんな代謝がぐっと低下する三十路オーバーの方には、
私がこの間テレビで見た「1日1食ダイエット」にチャレンジするのもいいかもしれません。

1食ダイエット
[br num=”2″]
人間、ある程度まで成長をすると一日3食じゃないといけない!
ってことではないという理論を根本としたダイエット方法です。

元々はそういうった考え方で食事をしていた方が独自で編み出した健康法だとは思います。

[br num=”2″]
ちなみに私も1日3食と言うものにとても疑問を抱いていました。

たまに1度の食事の摂取カロリーを減らして1日5~6食にしていたりもするので。
(参考ページ:食べる回数を考えたダイエット方法の記事)

ただし、頻繁に1日の食事回数を1回にしたり5回にしたりとコロコロ変えるのは
さすがに体に負担が掛かると思ったので、1ヶ月だけ1日1食にしたことがありました。

私が行ったのは昼食を600カロリーに設定してしっかりバランスの良い物を食べて朝、夕は飲み物をお酒以外好きなものを飲む方法です。

[br num=”2″]
ちなみにその1ヶ月の結果ですけど・・・

トータル2キロ減で体が少し軽くなったんですよ♪

栄養が減っちゃうから体は大丈夫なの?という心配も無用でした。

期間中に体調を崩したことも無かったので、チャレンジしてみる価値はあると思いますよ。

ただ、私はやっぱりお腹が空いてしまうので辞めてしまいましたが(笑)
[br num=”2″]

今だと「酵素ドリンク」なんかを利用して1日1食ダイエットを実践すると
空腹感もまぎれるらしいので、酵素の力を借りて実践するといいかもしれません♪

化粧品

年齢肌対策にお勧めの炭酸パック♪

年齢を重ねると、どうしても気になる肌トラブルが出てきてしまいますよね(≧≦)

シワやたるみ、シミに肌のくすみなどなど・・・
認めたくはありませんが、ハタチの頃には無かったトラブルが・・・orz

これらの肌トラブルは年齢肌と言われていて、化粧品売り場に出かけると、
年齢肌対策を謳ったスキンケア用品を多く見る事ができます。
[br num=”1″]
化粧品
[br num=”2″]
でも、年齢肌対策ができるといっても、シワに効果のあるものはシワだけ、シミだけに効果的なものなど、幅広い種類にある年齢肌を1つでケアできる商品は、なかなかありませんよね・・・

1つのアイテムで、シワやたるみ、シミにくすみなどなどの肌トラブルを改善したい!
という私みたいに欲張りさんに人気なのが、炭酸パックです。

今、炭酸美容が流行していますが、年齢肌の改善にとても効果が高いんですよ(^▽^)/

[br num=”2″]
炭酸パックは血管を拡げる効果があり、肌の細胞へ酸素や栄養素を届ける効果をアップします。

血管が拡張し血流の流れがスムーズになるだけでも、シミやくすみを軽減できるんですね~♪

そして肌細胞に多くの栄養が行きわたる事で、肌細胞自体が活性化し、肌のハリや弾力に欠かせない、コラーゲンを増加させます。

肌にハリが戻る事で、シワやたるみを軽減できるんです。

炭酸パック1つで、色々な年齢肌の対策ができるので、化粧品の節約もできちゃいますよ(*^-^)

[br num=”1″]
ちなみに、私は今どの炭酸パックを買おうか悩んでいる所です。

色々目移りしちゃって中々コレ!!って選べない性格が災いしております・・・(笑)

ダイエット

食べる回数、料理の質を考えたダイエット

私が最近意識して取り入れてるダイエットは、ランニングに加えて
家でできるような簡単な運動で、階段を使った昇降運動などをしています。

ダイエット
[br num=”1″]
しかし、運動以外にも、やはり食生活には気を配っています。

たとえばコンビニ等でお弁当や惣菜を買うときでも、必ずカロリー表示には目をやるようにしています。

一度でもこの習慣が身についてしまうと、ついファミレスなどのメニューを見ても
ついカロリー表示のところに目が行くようになります(笑)

[br num=”3″]
平日は会社があるのでなかなか難しいですけど、こんな方法もあります。

例えば一食を抜いて残りの二食で多めのカロリーを摂るよりも、
少ないカロリーの食事を一日で5~6回に分けて摂るようにしています。

これは赤ちゃんの母乳やミルクの一日の回数から、人間の本来の食事回数らしく、
こうした食べ方の方が太りづらいと、ある本に書かれていたため実践するようになったんです。

はい、何でも良いと思ったものは取り入れる性格なのですよ(笑)

[br num=”3″]

また、食べるものの質にも気をつけています。

例えば同じカロリー数でも、極端にいえば、
たんぱく質100キロカロリーと脂質100キロカロリー。

この2つを比べると、できあがる体型が変わってきてしまいます。

私はできるだけ高たんぱく低脂肪の料理を選ぶなどして体脂肪を減らすようにしています。

この意識が実を結んでくれることを信じて今日も実践・・・(笑)

全身脱毛

やるなら全身脱毛か!?私がゾッとしたムダ毛の話

脱毛専門サロンに通っている友人からと久しぶりにお茶しました。

私が「脱毛が気になってるんだよね」と打ち明けると
「めっちゃ楽だよ!」とか「ツルツルだよ!」とか「迷ってるなら行ってきたら?」
なんて、やっぱり脱毛は相当いいみたい。

ただ、金銭的な負担や、痛みが気になったり、脇汗が止まらなくなる等の噂話を聞いて、
まだ脱毛専門サロンに一歩踏み出せない自分がいたり・・・

[br num=”3″]
思い返せば、私がムダ毛を気にし始めたのは中学生の頃からでした。

その当時から、専ら入浴時にボディソープを付けてシェーバーで自己処理で済ませてしまっています。

処理した直後はツルツルだし、もともとそんなに毛量が多くないので殆ど気にならないのですが、乾燥する冬はちょっとかゆくなったり赤くなったり、少しだけ肌が荒れてしまったりと、悩みも少々あるんですよね。

[br num=”3″]
特に一番気になる瞬間は、やっぱり脇が見えてしまうシチュエーションになった時。

まだ半袖の季節だから大丈夫かなあ、と思って処理をしない時期に、電車のつり革につかまっていたら、あ!見えてるかも!?昨日処理したっけ!?、と気になってしまってつり革に捕まらず、無理やり踏ん張って立ち続けている時もあります。(笑)

[br num=”3″]
後はやっぱり一番ゾッとしたのは、彼氏と一緒に寝ている時ですね。

明日は会うから処理しなくちゃ!と分かっている時は何も問題がないのですが、
今日会える?の流れから急にそんな流れになった時に、ドキドキする事が時々あります。

腕を上げられなくて、妙に固くなっていたり、かなり行動が怪しいです・・・バレてるかしら・・・(笑)

長く付き合っているのですっかり油断をしていた時に、彼から、「あ!」と言われた時には背筋が凍る思いでした(泣)

[br num=”3″]
やっぱり、女性に生まれたのであれば、そんな所まできっちりと気をつけないといけないですよね。

自己処理だと頻繁に処理をしなければならず、限界を感じているので、
今さらですけど、脱毛サロン通いを真剣に考え始めました。

でも、脱毛経験組の友人たちは「どうせやるなら全身脱毛の方がいいんじゃない?」と勧めて来ます。

やっぱりどこか1ヶ所でも脱毛をすると、他のパーツもどんどん追加したくなるんだそうです。

だから、結果的に全身脱毛を最初からすれば手間も少なくて済む。って事みたいです。

[br num=”3″]
私が住んでいる地域には、「脱毛ラボ」というサロンがあり、
そこは一括で支払いではなく、月額定額制の全身脱毛コースがあるので、
現時点ではそこが有力候補ですね。

口コミもそこそこ良い感じですし、一括で支払う負担が無いのは私みたいな貧しい人にはありがたい(笑)

私みたいに脱毛が気になっている方は、リアルな口コミが乗っていたURLを記載しておくのでチェックしてみて下さい。
http://www.kaehukai.com/

思い切って週末にでもカウンセリングに行ってこようかな~

全身脱毛をしてピカピカになったボディーを想像するとニヤニヤしちゃいます(笑)

あとは、ダイエットさえすれば完璧!・・・かな?

洗顔がシワの原因に?

シワの原因に!ゴシゴシ洗いは禁物です。

アラサーにもなってくるとお肌の老化が気になってきます。

若い頃はなかったような小じわやくすみ。

一回でも気になってしまうと、鏡を見るたびにちょっと憂うつな気分に・・・。

私みたいな女子も多いはずですよね??ね??(笑)
[br num=”2″]

ちなみに、洗顔するときにゴシゴシする人は要注意ですよ。

その刺激がお肌の老化を進めてしまいますので、ゴシゴシ洗いは禁止です!

小じわの原因にもなりますし、肌への刺激でくすみの原因にもなるんです。

[br num=”2″]

よく洗顔は泡をいっぱい立てて、泡でやさしく洗うのがコツ。
って聞いたことあるはずです。

その理由は、確かに汚れを落としやすくするってのも一つですけど、余分な刺激を与える事で老化が進むというリスクを減らしましょうね、というメッセージも隠れているんです。

だから洗顔は泡立ちがいいものを選ばないといけません。

一生懸命にゴシゴシと泡立てないとモコモコにならない洗顔じゃだめですよ。

[br num=”2″]

洗顔は毎日のことですし、何よりスキンケアの基本中の基本なので
ここをおろそかにしては絶対にいけません。

・洗顔料そのもの
・洗い方

この2つは確実に抑えておきたいポイントですね。