月別アーカイブ: 2013年3月

コラーゲン鍋を食べるとやっぱり肌の調子が違う

こんばんわ!Rikoです。
昨日は学生時代の友達と久しぶりに「コラーゲン鍋」を食べてきましたぁ(・∀・)

時々コラーゲンなんて口から摂取しても意味が無い。みたいな話を聞くこともあるんですけど、私としては??な感じです。

実際にコラーゲン鍋を食べた翌日は、お肌の調子がやっぱり違うんですから。
ほんと、ハリが戻ったっていうのがピッタリな表現。
プルプル具合がや~っぱり違うんだな、これが。

もちろん、コラーゲンだけ摂っていれば美肌になれる!とまでは行きませんけど、たぶん結構多くの女性はコラーゲンが不足してるんじゃないかと思います。

だって、コラーゲン女子部と名づけた学生時代の友達5人衆は、コラーゲン鍋を食べた翌日は、みんながみんな「化粧ノリが違う」って言いますからね。やっぱり効いてるんでしょう。

ストレスとか睡眠不足でお肌の具合はスグに悪くなりますからね。
それだけ働く女のお肌は厳しい条件にあるってことです。

あとは、ホルモン的なバランスもお肌には影響します。

・・・ほら、よく彼氏とイチャイチャなことをした翌日は、肌がプルプルになるって言いますよね?
実際にその効果を感じている人も多いはず。

これは決して彼の白いコラーゲンを・・・じゃないですね(笑)
脳が幸せを感じて、ホルモンバランスや自律神経に良い影響を与える事で、間接的にお肌にも良い影響を与えるってことです。

結論。

コラーゲンはやっぱり良い。
女性としての喜びを感じれば、肌に良い。
・・・だけど、女性のお肌は色んな要因ですぐに悪いほうへと進むので要注意。

ってことですね。

脂肪分より糖分の方が太りやすい?

こんにちわ!Rikoです。
今回は「ダイエットの間違った知識」についてのお話です。

最近テレビで見たんですけど・・・
バターっていかにもカロリー高くて脂肪分も多くて太りそうなイメージありますよね?

例えばバター30グラムと砂糖30グラム。
カロリー的に見ると、圧倒的にバターの方が高いです。

じゃあ、ドッチの方が太りやすいか判りますか??

正解は「砂糖」の方なんです。

というのも、脂肪分というのは摂取しても2割ぐらいが吸収されて
後はエネルギーとして活用されるそうなんです。
反対に糖分は吸収される割合が圧倒的に高いので、結果として太りやすいんだとか。

いや~、私的には結構カルチャーショックの勢いでした。

いかにも脂肪分ってそのままプニプニの脂肪の元になるとてっきり思っていたので。

甘い物には大量に砂糖って入っているので、やっぱりダイエットに砂糖が入った甘い物は天敵なんですね。

ダイエット中は単純なカロリーを気にするだけでは不十分で、摂取する栄養の中身もきちんと管理しないと、カロリーに気をつけていても思ったほど効果が出ないって事になるわけですね。

私も20代後半になってから、若い頃と比べると微妙に太りやすくなってきていると感じているので、栄養バランスには気をつけていたんですが、糖分と脂肪分の吸収率の違いまではノータッチでした。

やっぱりテレビのダイエット番組などは、全てが全てアテにはなりませんけど、情報としては役に立つもののありますね。

・・・早速、砂糖の摂取量に気をつけたいと思います。

女はいくつになっても綺麗を目指す

初めまして!
奈々緒さんに憧れる三十路を迎えたRikoと申します。

私は元々お肌があまり綺麗でなかったコンプレックスがあり、人一倍美容について感心があります。

特に中学・高校時代には顔に永遠に出来続けたニキビが本当にイヤで、ありとあらゆるニキビケアをしていた覚えがあります。
毎月のお小遣いはほとんどスキンケアに消えていました(笑)

年齢的なもののせいか、私のスキンケアが功をそうしたのかは判りませんが、大学に入った辺りからニキビはできにくくなって、本当に嬉しくて毎日がウキウキでした。…単純ですよね(汗)

でも、やっぱり女性は肌が綺麗だと外見的にも内面的にも自信が持てるのは、誰にでも当てはまる事だと思います。

やっぱり肌荒れしていたり、にきびがあったり、クマができていたり、シミがあったり、髪の毛のセットが決まらなかったり・・・
色々と気になる事があると、それだけでもちょっと気分が沈んでしまいますよね。

このブログでは、私が実践しているスキンケア方法や美容関係のトピックなどを更新していく予定です。

世の中の女性みんなが自信を持って活き活きと暮らせる社会が私としては理想なので、少しでもお役に立てるように更新を頑張ってまいります。…ただ、飽き症な性格なので、更新頻度は保障できません(笑)